2010年 07月 22日

WEBマーケティング本

日頃お世話になっている
栃木のアドプロモート社長「吉田英樹」さんの本です。
吉田さんのブログはこちら

初めて吉田さんと出会った頃、
6年ほど前に自分がいた会社で営業部長をしていました。

入社時の「目標」をテーマにした研修で
自分は今年、本を出す!と仰っていたのを覚えています。

しかし、その研修の3、4ヵ月後に吉田さんは独立する事に。
その後、当然のことながら本を出す時間などなかっとは思いますが、
目標を捨てず、今回ようやく出版にこぎつけたのでしょう。

そんな吉田さんのWEBマーケティング本は200ページ強と
読みづらければ1週間以上かかってしまいそうですが、
かなり読みやすく数時間で読みきってしまいました。

実際に商材を扱って販売するドキュメンタリーになっている本で、
売れないなー、どうすれば売れるかなー、
といった商売側の視点から描いているのが特徴です。

マーケターやコンサルタントが出す本によくある
「こうすれば成功する」といった、
わりと方向性を決めてくれる本とは異なるかもしれません。

しかし、商売は代表者の孤独な戦い。

綺麗にまとまった理論だけでなく、
何度も割りに合わない労働や対価を支払いながら
軌道に乗せていく、たくましさが商売には不可欠です。

この図書は
「こうすれば成功するんだよ」よりも
「考えろ、こんな方法だってあるんだ」と
同じ目線でもがき方を見せてくれる本。

WEBショップに限らず、
WEBでの商売で行き詰っている時に
何かしらヒントを与えてくれる本だと思います。

WEBで商売をされている方には
ぜひオススメの本です。

ウェブ・マーケティングのプロが明かす「超・ネット販促」

フリーワード検索で探す

よく検索されるキーワード:

商売 マーケティング 仕事 営業 映画