2010年 08月 27日

ついに200歳

すごいですねー。

戸籍上の生存者がついに200歳の方まで。

人間が”記録”という技術を持った事で生じた生存者。

当初は、まだリアルな年齢の方ばかりだったので、

テレビや新聞・雑誌・ブログのコメントの多くは

「古き良き日本はどこに??」

「近頃は家族の絆が薄くなっている」

というところに持っていこうとするものばかり。

でも、200歳の方が出てきた事で、その理論は崩壊ですよね。

幻想を抱いている「古き良き時代」に亡くなっているんですから。

過去や歴史から学ぶ姿勢は失ってはダメだと思いますが、

過去を思いっきり美化して結論づける論法には抵抗を感じます。

しかし、200歳の人が生きていたら色々話しを聞きたいもんですね。

フリーワード検索で探す

よく検索されるキーワード:

営業 マーケティング 仕事 商売 映画