2010年 12月 09日

生のマーケティング

前の会社や友達、人脈などからお客さんを開拓する手段が無かったので、

創業当初は電話による営業のみが顧客開拓を増やす手段でした。

今でこそ、ほぼ行っていませんが、弊社の特色でありルーツです。

弊社の名前の由来の通りニッチ市場を攻めてスタートしたので、

既にホームページを持つのが普通だった創業当時、

まだホームページを持たない方というのは、

うまく商売が成立しており必要性を感じない人ばかりでした。

そんな人達をターゲットにしたので一筋縄ではいきませんが、

何とか理解してもらえるよう工夫し、なんとか決断してもらいながら契約を増やしていきました。

そういった部分には自負があるものの

最終的にはお客様自身が決定するので、

「別に言われなくてもホームページはやっていたよ」と

あまり評価されないのが現状です。

でも、必要性を感じない人に必要性を感じてもらい、

「ホームページなんて集客できないよ」が

「ホームページは集客できるよ」と変えられるのは

一つのやりがいでもありました。

小さいですが新たなマーケットが音を立てて開く

マーケティングの現場というか生のマーケティングというか

実践しながら創業する事ができたのは、

一つの自信に繋がっています。

フリーワード検索で探す

よく検索されるキーワード:

マーケティング 仕事 映画 営業 商売