2011年 02月 03日

投資効果

投資というものが欠かせない商売では、

「投資効果」 が気になります。

同じような広告の費用が

  1. 10,000円
  2. 1,000円

だったとすれば、

当然「2」の方が得です。

ですが、もし販売数が

  1. 100個
  2. 1個

だった場合、1個を販売する当たりの広告費は、

  1. 100円
  2. 1,000円

が掛かった事になります。

広告や投資関連の業種にいれば、

分かりやすく差が出るので、

当たり前に備わってくる感覚です。

ですが、世の中

「投資」するものというのは、

「お金」だけじゃありません。

「時間」もある。

「勉強する時間」

「遊ぶ時間」

「仕事をしている時間」

「ストレスを解消するための時間」

いろいろ。

無意味に見える行動を、

馬鹿馬鹿しく思える仕事を

「最高の投資」に変えられるのは、

自分次第。

「夢」や「目標」を自分の中で明確にすると、

「今投じている時間」が

「夢」や「目標」にどのように関わるか、

探そうとする。

日常では「効率」は重視しなければなりませんが、

たとえば、「人身事故による電車の運休」など、

「無駄な時間」はいつも避けられるわけじゃない。

「無駄(のよう)な時間」を過ごす機会は

交通以外にも日々多様にあると思います。

マイナスに考えるか、

ポジティブに捉えるか。

どちらにしても何かしら得られるでしょうけども、

ポジティブに時間の投資効果を高めようとする方が

世の中楽しく思えてくる。

フリーワード検索で探す

よく検索されるキーワード:

映画 商売 営業 仕事 マーケティング