2017年 01月 12日

事業サイトでもブログを薦める理由は検索エンジン対策の為。

自分は事業サイトでもブログ投稿を積極的に薦めています。

理由はいくつかあるのですが、

その一つは「検索エンジン対策」の為。

 

僕が起業した最初の2、3年ぐらいは

検索エンジンにさえ引っ掛けておけば驚くほどの反響がありました。

 

例えば、月1万円の管理費を頂いていた教室サイトで、

月の反響で一番多いと70件の体験申し込み。

2千円の体験料だったので全員入会しなくても、

1万円の投資で14万円を1か月で回収という。。。

うさん臭い投資のような数字になっていたわけです。

 

このお客様とは入会すれば元は十分取れるので、

今でも継続していらっしゃいますが、

今では検索順位は変わらないのに月5件程度。

 

簡単に言うと、検索エンジンマーケティング・バブルだったんです。

競争相手が少なかったから、その教室を選んだんです。

口悪くいえば検索してもその教室しか見当たらなかったから。

※だから、冷やかしのような人も多く疲れたそうです。

 

まだWEBでの集客に懐疑的な事業者と、

自らWEBで検索して探すようになってきたユーザー。

ここのギャップからか、

とにかく検索エンジンさえ使えば、

自信をもって「任せてください」といえましたし、

色んな業種のお客さんがいましたが、

7割ぐらいの業種は実際に結果出せました。

 

今でも検索エンジンマーケティングは、

十分費用対効果が取れる集客方法ですが、

なにせ「検索」はなかなかしてくれません。

 

みんな情報を受け取るのは受け身が心地いいんです。

ものすごく旅行が好きでも、

年に旅行の検索するのはそんなでもないと思うんですよね?

 

なので、検索市場は限りがある。

そこで、手堅い集客方法として認知された今は

競争相手は増えても減ることはありません。

 

じゃあ、どうしたら?というところですが、

タイトルのブログを薦める理由がここにあるんです。

 

うちもデザイナーの腕は確かなので良いサイトは作れます。

要望と、そのヒアリング(僕の仕事です)にさえズレがなければ、

数千万円のサイト制作をしている会社に引けをとらないデザインで作れると思ってます。

 

でも、綺麗なサイトで表現できる言葉は意外と制限が多いのです。

 

サイトにない言葉で検索に引っかかるわけがないことは理解できると思います。

そこで、ざっくばらんな表現ができるブログが必要なわけです。

ブログに訪れている検索ワードを調べれば

意外と、思いつかないキーワードで訪問していて面白いです。

 

昔は検索ユーザーの検索キーワードに対して、

それに応じたページを用意しているサイトがなかったので、

バブルが生じたわけです。金脈です。

 

そう、マーケッターが気づかないワードを

ブログがたまたま拾う可能性ってあるんです。

もし、そういうキーワードで他のサイトが引っかからなければ小バブルです。

 

どの業界も最近でてきたばかりの「旬」な商材ってありますよね?

その「旬」な商材は情報が足りていません。

未開拓な土地に、どんどん旗をおけるチャンスがあるんです。

マーケティング屋からしたら、ブログ発信をするのは必然です。

 

ブログというと「趣味」を公開しなきゃいけないと感じる方もいらっしゃいますが、

もちろん商用なのですから、仕事に関する情報を発信してください。

関係ない情報で検索訪問されても、正直まったくもって集客にはなりません。

 

また、最後には必ず接触させる何かを用意するべきです。

※このブログは趣味でやっているのでやりません。

 

お問い合わせフォームでも良いし、

相談などのお申し込みでも良く、

無料冊子ダウンロード、メルマガ登録でも良い。

ターゲットにどういう段取りでお客様になって欲しいか考え、

その最初の間口は必ずブログの最後に置くべきです。

 

また、色んな子ページ(ブログ記事ページ)が評価高まれば、

サイト自体も競争力が付きます。

本来の検索エンジン対策の為にもつながります。

これは、少し険しい道なので、まずは金脈発見の為と考え色んなブログを投稿してみましょう。

 

ヒットした記事は意外と半年、1年してから急にアクセスが伸びる事があります。

 

フリーワード検索で探す

よく検索されるキーワード:

仕事 商売 営業 映画 マーケティング