2009年 06月 13日

読むんじゃなかった本!?

どちらかというとポジティブな意味で
読むんじゃなかった!?本を
[有隣堂]×[エニグモ]?のキャンペーンページで
様々なビジネスパーソンが紹介しています。

人生を変えた1ページという事ですが、
僕の場合、
人生を変えられた事柄は3つあります。

それは、

・母、父との別れ
・親友4人での沖縄旅行
・あるとの出会い

です。

どう変わったかと言えば、
安定思考の人生が
起業を目指すようになりました。

それらが無ければ、
普通に会社員続けて、
結婚もして子供もいたんだろうなぁ。

本というのは、
ある意味「洗脳」されるので、
勇気をもらえたり、
実行力に変わったりします。

それだけに
良くも悪くも
人生に強く影響を与える
危険なアイテム。

「読むんじゃなかった!?人生を変えた1ページ」

このキャッチコピーに
共感があったのでブログでちょっと紹介です。
WEBサイト

で、僕の人生を変えた本は、
(興味は無いと思いますが・・・・)
23歳の時に読んだ本。
「毎日が冒険」

知り合いには何人にも
紹介しているのですが、
高橋歩氏という、
一部ではカルト的な人気を誇る人の自伝の話し。

世の中に出回る自伝というのは、
あまりにも偉大すぎて、
自分にはリアリティがない本が多いです。

でも、この人の自伝は、
そんなに完璧じゃない。
どちらかといえば頭の悪さが感じる。

でも、そんなのは行動力で補えばいい。
失敗した後の行動が早ければいい。

とにかく行動しようぜ

と、本は熱いメッセージを伝えてきます。

この本にまんまと洗脳された僕と親友は、
バーテンダーを始めたり、
実際に店の物件を探したり、
個人の名刺を作ったり、
銀行に行って融資の説明をしてもらったり・・・。
一応、行動はするようになりました。

で、結果として、
そこまで覚悟が固まっていない
親友に対し苛立ちを感じて
バーテンダー修行1年目になろうという時に
店を出そうという夢は終了。

その後、
僕も彼もサラリーマンに戻ったのです。

しかし、
まだまだ「深い洗脳状態」から
抜け出せていなかった僕は、
諦めて1年も経たない内に
現在の商売で起業する事になりました。

好きな本は沢山あって選ぶのは難しいですが、
貴方の人生を変えた本は?と聞かれれば、
間違いなく、この本を紹介するでしょうね。

サラリーマンのままと、
独立して苦労している人生と、
どちらの人生が良いかは分かりませんが、
今の方が僕には合っていると思えます。

フリーワード検索で探す

よく検索されるキーワード:

マーケティング 映画 仕事 営業 商売