2010年 09月 14日

名刺に顔

IMG_0146.JPG

会社のロゴは3回変わっていますが、

名刺に顔写真というスタイルは変わっていません。

自分の場合は特に、

「名前は思い出せないけど、坊主の人いたねー」

と思い出してもらうのを狙っています。

アピール上手の濃いキャラクターが沢山いる営業の世界。

その中では、自分は「中の中」ぐらい。

芸人ばりに「声をはれ!」というのも苦手で、

軽快な会話で印象づけるほどの芸も無い(笑)

他人を否定して押しのけてでも「オレ、オレ!」というのも苦手。

(なんで、営業になったんだろう・・・・)

とはいっても、

自分なりに他と差別化する営業スタイルは知っているつもりで、

そのスタイルには名刺に顔を載せるのは必須と思っています。

自分で商売するという事は、

どの職種がルーツであれ、

顧客だけでなく、様々な人に顔を売らなければなりません。

とすれば、これからもずっと顔を載せ続けるでしょう。

独立してもうすぐ5年。

どれだけ名刺を配ったか分かりませんが、

久々に私の名刺を見られて思い出して・・・

そんな連絡いつでもお待ちしています。

フリーワード検索で探す

よく検索されるキーワード:

映画 商売 仕事 営業 マーケティング