2013年 07月 20日

アフィリエイトをやってみよう。

アフィリエイトプログラムってご存知ですか?

バナーやリンク誘導したお客さんが注文や問い合わせをすると
お金(バックマージン)を得られるシステムです。

例えば、これ ↓↓
ESET Smart Security

個人的にオススメしているセキュリティソフトの一つなのですが、
上記にアクセスして、仮に貴方が申し込んで頂いたら、
ボクというか会社に数百円の収益が加わります。

 

アフィリエイトで稼ぐのは罪悪か?

WEB業界は、こういう小銭稼ぎの為に、
必要以上にアフィリエイトなどの広告をベタベタ貼る時期がありました。

そのため、WEB業界の人でも、
未だにアフィリエイトのような、
バックマージンを得るコンテンツを嫌う人もいます。

アフィリエイトのリンクだと分かると、
その記事のおかげで興味持てたとしても、
リンクを避けて申し込む人もいるでしょう。

もちろん、どう購入するかは自由ですが、
購入したくなるようなクリエイティブな記事に
技術料が多少支払われたって全然問題ないと思います。

 

あまり儲からないアフィリエイト

アフィリエイトをするなら、まず3つの労力が必要です。

  • 記事を作る労力
  • サイトに集客する労力
  • 売れる商材を見つける労力

文章作りに不慣れだったら、
1記事を完成するのにセットで8時間フルタイム必要です。

時給1000円のアルバイトなら8000円稼げるのですが、
アフィリエイトで8000円となると、
10中8・9の記事は元が取れません。

アフィリエイターと呼ばれる人達が食べていけるのは、
労力を厭わず実践を繰り返してきたから嗅覚が鋭いからで、
とりあえず始めた人は、1年ぐらいはアルバイトやっていた方がマシでしょうね。

 

それでもアフィリエイトをやってみよう!と考える理由。

商売に興味がある。
自分の作品の反応を知りたい。
マーケティングを学びたい。

といった、あくまで何かを生み出す事に興味ある人に限りますが、
読み手を意識して作った記事が伝わったのが「数字」として
チェックできるのがアフィリエイトのメリット。

 

営業マンや、お店をやっている人ならエキサイティングで無いでしょうけど
「お客の反応」に普段あまり触れる機会の無い職業の方なら、
新鮮な魅力が感じられると思います。

 

数百円のちっぽけな報酬でも、
考えて作った記事への反応は自信につながります。

 

さらにアフィリエイトをやってみよう!と考える理由。

更にアフィリエイトは、
良い商材の目利き訓練にもなります。

アフィリエイトは色んな広告主がいます。
売れる商材もあれば、売れない商材もある。
自分に向いている商材もあれば、そうでない商材もある。

どうPRしてあげるべきか?
この商材は売れるなー。
の感覚を育てる事が実利に結びつきます。

実際の仕入れと異なり、
買掛リスクや配送などの手間もないのに
バイヤー目線を楽しめる要素もあります。

バイヤー職やっている人からすればエキサイティングではないでしょうけど、
「売る」「買う」の現場に触れていない人にとっては、
1つ世界が広がる要素もあるかと思います。

もし、マーケティング関連の職業を目指すなら、
広告主の商材を見て、ここをこうすれば売れるのになー、というジレンマが、
いつかアイデアを作る時に役立つ時が来るでしょう。

 

もちろん、学生であれば
暇で家でゲームで遊んでいるくらいなら、
ブログやSNS使ってアフィリエイトをやってみる事を強くオススメします。

経験値がリアルに数字で分かるし、
小遣いもたまにくれると考えると
アフィリエイトはゲームとしても結構悪くない。

 

というわけでアフィリエイトをやってみよう!

A8やバリューコマース、アマゾンアソシエイト、Googleアドセンスなど、
検索して色々探せば出てきますが、、、、
↓↓ 以下をクリックすると僕に報酬が入る!避けるか避けないかは、もちろん自由! ↓↓



フリーワード検索で探す

よく検索されるキーワード:

仕事 営業 マーケティング 映画 商売