2008年 12月 19日

ブランドは個性

ブランドというと、
『高級性』と勘違いしがちですが、
個性』に近い状態を指すと思います。

例えば、マクドナルドは、 
「早く食べれる(ファーストフード)」が
個性=ブランドの1つですよね。

決して高級感や感動する美味しさといった
ブランドではないと思います。

時間がなく、小腹が空いていたら、
マクドナルドの看板を見つけたので入りました。
そこで、行列も無いのに、
20分も待たされたら異常事態です。

逆に、高級料亭とかで、
複雑な料理を注文して、
1分で料理が運ばれてきたら、
「使いまわしじゃないの?」と、
疑りの目で見るしかありません。

美味しさを追求したい時は、
あまりマクドナルドを選ばないでしょうし、
時間が無い時に高級料亭には行かないでしょう。

だから、「欠点」を伴うのも「ブランド」です。
「何でもできます」というのはブランドではなく、
「オンリーワン」がブランドでしょう。

その時々のニーズによって、
ブランド」は、選択しない為の「信頼性」にもなります。
だから、ブランドは個性、といわれる所以だと思います。

フリーワード検索で探す

よく検索されるキーワード:

映画 商売 マーケティング 営業 仕事