2008年 07月 04日

営業マンは、お客さんが成長させてくれる。

これは、前職の部長さんが言っていた言葉です。

色々な営業マンの方も言っている言葉だと思いますが、これは確かにそうだと思います。

営業初心者の中には、何でも答えられなきゃいけない、とか完璧に接しなきゃいけない、と『既に成長した状態じゃなきゃ』と気負いすぎてしまう人(良い事だと思いますが)もいますが、営業マンとして立派な状態になるには、お客さんと接して得られる経験が重要です。

お客さんは、お客さんなので、会えば必ず、仕事に関係する話しになる。

そこで、質問にすぐ答えられない事で恥をかいたり、難題を押し付けられたり、そもそも話題を作れなかったり、話しを全く盛り上げられず、そんな自分にがっかりしたり、他の営業マンと商談する声が聞こえて、いつも会う担当者がやたら楽しそうに話しをするのを聞いて、焦りを感じたり、などなど。

もう放っておいても、成長してしまう環境がそこには整っています。ぼーっとしてると、痛い目や、嫌な目に合うから、人間の防御本能から、自然と勉強するようになってしまう。

だから、営業マンはとにかく、色んなお客さんと接する機会を積極的に持つべきだと思います。

フリーワード検索で探す

よく検索されるキーワード:

商売 映画 マーケティング 営業 仕事