2016年 02月 01日

GoogleChromeのシークレットモードの活用法

chrome_logo_2x

 

GoogleChrome使ってますかーーー??

ブラウザは色々ありますが、色々使いますが、

僕はGoogleChrome派です

 

なぜなら、基本的には検索エンジンマーケティングを生業としているからです。

 

GoogleChromeにはシークレットモードという便利な機能があります。

WS000006

赤○部分をクリックするとウィンドウ最下部にシークレットモードが出てきます。

 

上記の通り、赤○部分をクリックするとウィンドウ最下部にシークレットモードが出てきます。

そちらをクリックするとシークレットモードのウィンドウが出てきます。

↓ 左上隅にあるスパイみたいなイラストが目印です。

シークレットモードのGoogleChrome

シークレットモードのGoogleChrome

 

これに書かれている内容

シークレット モードです

シークレット タブで表示したページの記録は、シークレット タブをすべて閉じた後、ブラウザの履歴、Cookie の保存場所、検索履歴から消去されます。ただし、ダウンロードしたファイルや作成したブックマークは保存されます。 シークレット モードの詳細

シークレット モードにしても、雇用主、インターネット サービス プロバイダ、アクセス先のウェブサイトに閲覧内容が知られる可能性はあります。

の通り、とにかく初めて使う状況を再現してくれるブラウザなんです。

 

最近のブラウザは

  • このブラウザを扱う人は女性の可能性が高い。
  • このブラウザを扱う人は30代の可能性が高い。
  • このブラウザを扱う人は検索傾向はこんなだ。
  • このブラウザを扱う人は最近このサイトを見た。

そんな事を予測できるような履歴がブラウザに残ります。

そのブラウザ履歴に連動して表示内容が変わるサイトがある。

その代表例がGoogle検索

 

例えば、自分のブログを読み返す事が多い僕が

中小零細 ブランディング」と検索すると以下の通り

「中小企業 ブランディング」と検索すると

「中小企業 ブランディング」と検索すると

 

ほら、僕のブログがあります。さすがです。

1位になれないのは残念ですが、なんとか3位入賞!

 

色がついてますよね?閲覧した事があるものは色が付きます。

 

でも、、、、

シークレットモードで検索すると・・・・

シークレットモードで検索すると

シークレットモードで検索すると

 

3位に、、、、、

えええ???違うサイトが入ってる!!!!

 

そうなんです。

まだ、このブログを見た事ない人のブラウザでは

3位に出てこないのです。

 

自分のサイトというのは、

当然読み返すものですから、

ブラウザの履歴情報を見た検索エンジンが気を利かして

探しているサイトはこれでしょ?」と

検索した時に上位に持ってきてくれます。

 

そんな、心遣いが有難迷惑な場合

初めて検索した人の状態が知りたい時、

シークレットモードのGoogleChrome

確認すると便利です。

 

 

こちらの記事も読まれています!

フリーワード検索で探す

よく検索されるキーワード:

映画 商売 営業 仕事 マーケティング