2009年 11月 10日

情報の怖さ

情報というものは、
発する側と受け止める側の
タイミングや聞き取り方によって、
全く内容が変わる場合も多いので、
とても取り扱い注意な危険物だと常日ごろ感じます。

 

例えば僕の場合はちょっと安易に信じやすいところもあり、
若い頃は、信用している友人の悪口情報を安易に信じ、
「そいつはけしからん」みたいなワケ分からないノリになって、
悪口の相手と喧嘩になるという事が数回経験あります。

それも、結局、偏った情報によるものであり、
双方に否がある事がほとんどです。
感情的になった自分はただのバカでして・・・・(笑)

 

そんなように、
些細な情報だけで、
全く無関係な二人がいがみ合ったりします。

内戦や戦争なんか、
それの延長線上にあるとも思え、
ちょっとした情報の伝わり方によるものも多いでしょう。

 

と、なんだか極端な話しになってしまいましたが、
ホームページは情報発信です。

弊社も多少は表現方法等でアドバイスできますが、
弊社が間違って捉えてしまう事さえあるのが情報です。

情報発信元は、当然クライアント様ご自身。

失礼ながら、そういう大事な部分で、
「適当に・・・」といった無責任な態度を取ってはならなく、
面倒でもしっかり考えなくてはなりません。

フリーワード検索で探す

よく検索されるキーワード:

営業 マーケティング 映画 商売 仕事